FC2ブログ
lowslide*diary//
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/05/25 (Tue) 楽天ランキング売れ筋商品

スポンサーサイト

アイテム | trackback(0) | comment(0) |


2010/05/14 (Fri) ヒッチメンバー取り付け アルファード

ここ最近、キャンプアイテムが増えて車内に積めなくなってきたのと、子供が大きくなり自転車も大きくなり車内に積めなくなったので、車外に積もう計画を密かに立てていました

ただ・・・ミニバンだと屋根が高く、自転車を屋根に積む前に力尽きるか・・・脚立から自分が落ちて、自分が救急車で先に運ばれてしまうか・・・ボディーに自分で自転車パンチ(十円パンチ)は目に見えているので、背面に積めないか検索してみたところ、昔流行ったリアラダーは販売していないようでした
いろいろ検索したら、ヒッチメンバー※にヒッチキャリア(荷台)やサイクルキャリアを付けることができることが解った



サイクルキャリア(可倒式)
(ヒッチサイクルキャリア)


 【ダイナミックス】ブラストトレイル/ヒッチカーゴ品番19205
(ヒッチカーゴ・ヒッチキャリア)




もちろん新品で購入できる余裕はないので、ここはヤフオクで中古を落札
もちろん取り付けも自分・・・(どんだけ金がないのやら・・・

ヒッチメンバーとは・・・ジェット・キャンピングトレーラー・ボートなどを牽引するために車両側に取り付ける装置。トーバーとも言われています。

ヒッチ00
【参考画像:サン自動車社さん タグマスター


サン自動車 トレーラーヒッチメンバータグマスター スタンダード/G388 適合車種:アルファード


意外とヤフオクでもアルファードのヒッチメンバーは人気が高く、まともなヒッチだと落札額2万5千円ぐらいまでいってしまう。。。う~ん。ヒッチ本体の予算は1万5千円ぐらいだな~と数ヶ月、ヤフオクをみていたら、やっと、程度がよく、なんとか予算内に納めることができました

落札したヒッチメンバーのメーカーはサン自動車社さんのタグマスターってやつです。国内メーカーで信頼が高いメーカーですね。

落札したヒッチメンバー。
ヒッチ01


でも、それからが大変・・・。

まず、ヒッチ本体自体には問題はなかったのだが、車両のフレームに取り付けるためのナットプレートが2個(1個300円ぐらい)欠品していたため、スーパーオートバックス(以後、SOB)から発注したところ、なんと納期1ヶ月以上かかると連絡が

いやいや!GWまでには取り付けたかったので、SOBに言ったら「そう言われても・・・無理です」と言われちゃいました。(代理店を通しているので交渉が面倒らしい)

そこで自らメーカーのHPから交渉したら、なんとすぐにメーカーの担当者から電話が
めっちゃ驚いたのと、とても丁寧な対応に感動っ!
1ヶ月かかる理由は、量産ラインのスケジュールに組み込むから遅くなってしまうということらしいが、特別にGW前までになんとかしますとのこと言ってみるものですね~(新品買ってないのに、サン自動車のご担当者の方には申し訳ないです

ちなみにSOBに届いたのは4/22とGWより1週間以上前に届きました。ホントありがとうございました

さてさて、取り付け作業ですが、作業的には意外と簡単です
ただ、時間とやる気だけですね

まず、タグマスターのヒッチメンバーの場合ですが、
アルファードは、加工が2箇所必要です。(同年代のエスティマは加工不要)

A.リアバンパーを外し、ナットプレート(ヒッチ付属品)の入れる穴を広げる。
B.車両固定ブラケット(ヒッチ本体)の締結ボルトを通す穴が小さいので若干大きくする。

作業① バンパーを外すヒッチ03

バンパーを外す際、注意しなければいけないことは、まず、リアコンビやボディにキズが付かないようにマスキングテープなどで保護します。

リアバンパーの外し方は、検索するとヒットするので説明を省きます。

ただし!バンパーは中央付近にナット2箇所で締結されているところがありますが、普通のソケットレンチではソケット長が足りず外せません。ディーラーで取り外してもらうか、ナット中央に伸びているナット脱落ピンを折って(折れるようにV溝あり)、ホームセンターなどで売っているロングソケット(たしか10mm)で外してください。
ただし、脱落ピンを途中で折ってしまうので、固定する際、ナットが脱落しないようにしないようにナットをソケットに両面テープや瞬間接着剤等で軽く止めとく必要があります。
ナットを落とすと、またバンパーを外さないとナットが取れないので。。。
【まず、ここでロングソケットがなくて、途中までバラした状態を元に戻しホームセンターへ・・・】

作業② カバーを外すヒッチ04

表から見えるボルト2箇所とバックソナー装備車はケーブルクランプを外します。
フレームカバー01

裏側にもボルト1箇所あるので、これも外します。
フレームカバー02

取り外したカバー。結構重量があり、予想以上に奥行きがある形状をしている。
フレームカバー03



作業③ 穴を拡げる (ヒッチ付属ナットプレートを通すため)
カバーを外したところを覗くと、小さな穴と大きな穴が各1箇所ずつ開いています。その中央を狙って穴を開けます。
フレーム穴あけ01

今回、穴あけに使った工具は、会社から借りてきたニシダの「ピッチングパンチ」。
個人で買う額としては、ちょいとお高めですかね
某オークションでは、ちょくちょく中古で1~3万くらいで出品されてますけど。。。
本来、バイメタルホールソーで十分なのですが会社には木工用ホールソーしかなかったのと、この1箇所のために数千円する刃を買うのもどうかと思ったので。。。
ヒッチ15

油圧タイプで薄板金の切り抜き(ノッチング)工具です。
(先端はいろいろな種類があります)
ヒッチ16

リューターやドリルでの切粉を嫌う場所で重宝します。切り口も綺麗で厚い板金ならリューターより早く加工が可能。
但し、板圧3.2mmまで。ステンレス製の板金には使用不可。
ヒッチ14


【用具・工具】西田:油圧ピッチングパンチ


作業④ LHブラケットの取り付け
車両左側のフレームに付いている牽引フックを外します。
かなり強固にボルトが締まっているので柄の長いソケットレンチ(12.7sq)で外すのが無難です。
ヒッチ17

牽引フックを外したネジ穴3箇所を利用して、LHブラケットを仮止めします。この段階では手締めで問題ないです。
ヒッチ18



作業⑤ RHブラケットの取り付け
マフラー上部のフレーム側面穴1箇所。底面穴3箇所のうち2箇所を使用。
フレーム右側穴01

青丸部の穴は、ドリルφ13mm以上の穴に拡げます。
フレーム右側穴02

防錆処理を忘れずに。
フレーム右側穴03




作業⑥ RHブラケットの取り付け

作業③で拡げた穴にナットプレート2種類(細長い棒が付いているやつ)を差し込みます。
RHブラケットをフレームの穴とナットプレートのねじ穴に合わせつつボルトを締めます。
これがヒッチメンバー本体を取り付ける最大難関ですね。できれば、ブラケットを支える助手か台が必要です。

私の場合、車両下に潜り込んで、右手でブラケットを支えつつ、左手でボルトを締めたのですが、
ボルトを差し込むとナットプレートは奥に逃げるわ穴がなかなか合わないわで、、カンですよ!カン!
合ったらラッキー状態で右手はプルプルと何度も力尽きながらも何とか取り付けることができました。

あと、底面のナットプレート仮止めした後でもボルト2個なので1個ずつロックタイトを塗布すれば外れること
がないのですが、側面のナットプレートはボルト1個なので、最初からロックタイトを塗布したほうが無難です。
(ロックタイトは後ほど紹介します)
無事、ブラケットを仮止めできましたら、マフラー上を通るコの字のブラケットを仮止めします。

ヒッチRHブラケット



作業⑦ クロスメンバーの取り付け

RHブラケットに仮止めしたコの字のブラケットとRHブラケットの間にクロスメンバーを仮止めします。

クロスメンバー02
クロスメンバー01
クロスメンバー03
クロスメンバー04



作業⑧ 本組み

すべて問題なく固定できるよう確認ができたら、面倒ですが、今まで取り付けた部品を一度外し、ねじ全てに先ほど紹介したロックタイトを塗布し、トルクレンチを使用し、メーカー指定の締付けトルクにて本締めしてヒッチ取り付け終了です。

今回使用したロックタイト(ねじのゆるみ止め用接着剤)はこちら↓

 ≪YCD-262≫ ロックタイト(ねじのゆるみ止め用接着剤)高強度用


次に配線ですが、、、
時間が掛かりそうだったので、配線は次回に持ち越しです
今回はここまで・・m(_ _)m

最後にバンパーを取り付けて終了です。

ヒッチ完成01

ヒッチ完成02



※あくまでも参考として、取り付けは自己責任でお願いします※







サイクル&カー | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

lowslide

Author:lowslide
湘南発信情報

total

online

現在の閲覧者数:

リンク

このブログをリンクに追加する

ナチュラム

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

pictlayer

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。